気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nude ヌード DVD みひろび私小説を映画化
2010年10月30日 (土) | 編集 |
わたしは今日、セックスに嘘をついた―

ふつうの女の子”ひろみ”から、国民的AV女優“みひろ”へ・・・。

AV女優の道に踏み込んだ不安と葛藤。

衝撃の告白が完全映画化!!

人気絶頂の中、惜しまれつつもAVを引退し、本格的に女優として活動を行うと発表。

今まで語られることのなかったAV女優の道を選んだ真相、そこに秘められた強い決意と、不安や葛藤が赤裸々に描きだされた私小説「nude」が原作。


”新潟の高校を卒業し、女優になる夢をかなえるため上京したひろみは、ある日ヌードモデルのスカウトを受ける。

AVには出演しないことを条件にモデルの仕事を受けたひろみだったが、恋人や親友からは猛反対され、次第に孤立していってしまう。

ひろみはひとり悩んだ末、長年の夢をかなえるためにAV出演を決意する。”


主演の”ひろみ”役には幅広い役柄に挑戦し続ける若手実力派女優の渡辺奈緒子。

彼女にとってはこれが初主演になります。

フランソワ・ジラール監督作「SILK」(08)でヘアヌードを披露し話題を呼んだ。

「リアル鬼ごっこ2」や北野武監督の最新作「アウトレイジ」にも出演。

その他、佐津川愛美、三石研、永山たかしなどが脇を固め、みひろ自身も出演している。

監督は『童貞放浪記』など、人の心情を描くことに定評がある小沼雄一。

等身大の女性が夢をかなえる為、苦しい現実にも耐え悩みながらも、自ら前を向いて歩いていく強さを丁寧に描き出した。

発売日は2011年1月7日です。


劇場版TRICK トリック 霊能力者バトルロイヤル 超完全版 DVD
2010年10月24日 (日) | 編集 |
まるっと10周年の集大成!

迷コンビ・奈緒子と上田が霊能力者バトルロイヤルに参戦!?

生き残るのは1人!!

大人気のテレビドラマシリーズ”TRICK トリック”から久々の映画作品。

主演は仲間由紀恵、そして阿部寛のおなじみのコンビに、生瀬勝久と野際陽子といういつもの顔に、

今回は松平健と、龍馬伝で岡田以蔵役で評価がたかまった 佐藤健に夏帆ちゃんが出演。

とにかくいつものパターンを、いつもと同じように”お約束”のように見せてくれて安心できる。

劇場で見るより、いつもの自分になっているテレビの画面でみるほうが良さそうな気もします。

ここ最近の”ゆるい”ドラマの原点”TRICK トリック”を見ないわけにはいかないでしょう。


テーマ:DVD
ジャンル:映画
松たか子主演 告白 ブルーレイ完全版
2010年10月17日 (日) | 編集 |
アニメを除けば今年、日本の映画で一番話題となった作品のひとつ、「告白」。

予告やCMなどでインパクトが強かった

「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

ぐっと引き寄せられます。

原作は湊かなえさんの「告白」。

こちらもベストセラー。

第29回小説推理新人賞受賞、本屋さん大賞などを受賞したデビュー作。

そのストーリーの良さとともに、中島哲也監督の脚本もすごくいい。

松たか子の演技も、これまでとは違った役ではあるけれど、しっくりくる。

原作と比べても”がっかりする”作品が多いなか、これは同等あるいは超えているという評価は納得できます。

人の心に潜む”怖さ”などを十分感じてみてください。

来年の1月28日に発売ですが、待ち遠しいですね。


テーマ:DVD
ジャンル:映画
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 DVD
2010年10月03日 (日) | 編集 |
「のだめカンタービレ最終楽章 後編」ついに完結!

みなさんお別れデス。

もちろん二ノ宮知子の原作。

主演の上野樹里をはじめ、玉木宏などおなじみの面々が繰り広げるラブコメディ。

爆発的人気から、国内でのクラシックコンサートはこのコミックで紹介された曲を入れるか入れないかで集客が違ってくるほどの影響力。

また、クラシックと聞いて多くの人が感じる”高い壁”、そのハードルを低くした点でもその偉業は後世に伝えられてもいいでしょう。

それほどの名作です。

しかもそれを実写化したドラマがヒット。

続くSPドラマからはヨーロッパロケ。

もちろん今作もヨーロッパロケで行われた点でも原作に忠実で、作り手の意気込みも感じます。

前編が千秋がダメオケを立て直す物語。

後編は先に進んでいく千秋をのだめが追いかけるという展開。

プロの音楽家としての苦悩や悦び、そして前へ進んでいくという姿勢に加え、

その中でのだめと千秋の揺れ動く気持ちが色んな形で表現されていく。

ある意味、天才という設定ながら普通の人と同じ感情で表現しながら高みに向かっていく姿は、

見ていても好感が持てる。

最期はやはり感動してしてしまいます。

もうすぐDVDがリリースされますが、ドラマ、SP版、前編と再度見て、この作品を見直したい気持ちです。


ソラニン DVD 宮崎あおい主演
2010年07月04日 (日) | 編集 |
浅野いにお原作、宮崎あおい主演の青春恋愛映画「ソラニン」。

出会った頃のあたしたちは、心細くて不安もあったけど、いつもどこかでわくわくしてた。

とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ―――

自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。

未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。

だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。

種田はバンド“ロッチ”の仲間たちと新曲「ソラニン」を完成させレコード会社に持ち込むが、反応のないまま日々は過ぎていく。

そんなある日、種田がバイクで事故にあってしまう。遺された芽衣子は―――。

アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の曲がなかなか良かった。

丁度アルバム「マジックディスク」もリリースされたばかりなので聴いてほしいと思います。

また、テレビのCMでブルーハーツを歌う宮崎あおいとは違い、完璧にバンドのヴォーカルとして歌っているのは貴重です。

物語は女子高生が泣けるというケータイ小説のように彼氏が死んでしまって遺された私は・・・っていう感じなのですが、

そこは設定がもう少し大人の世界なのでしっかりしたストーリーなのが安心。

様々なシーンでの雰囲気や色といったものも優しさだったり、素敵なものを感じる気がした。

大人としてグッとくる、泣ける。

映画の中の宮崎あおいの存在感も格別です。


テーマ:映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。