気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薔薇のない花屋 第2話
2008年01月21日 (月) | 編集 |

第一話では花屋の汐見英治(香取慎吾)と盲目の白戸美桜(竹内結子)、謎の男・工藤直哉(松田翔太)の出会いや菱田桂子(池内淳子)、四条健吾(寺島進)、小野優貴(釈由美子)等周囲の人間、そして安西輝夫(三浦友和)の登場と主な人たちの大まかな人物像を描きながら英治の娘の雫(八木優希)の心の傷が治るお話でした。
終盤前に美桜と安西の会話で美桜の盲目がお芝居だとわかりましたが、これがなければ番組前半でのハイヒールのブーツでの登場、目の動きの不自然さというものにがっかりさせられていたでしょう。これが狙いというか伏線だったのかと思うとしてやられたりです。
第2話ではさらに直哉が雇われて英治に近づき美桜とともに騙していることが分ります。
色々あって英治と美桜の距離が近づくけれど、これからが色々と葛藤があるのでしょうね。
英治と亡き妻(本仮屋ユイカ)との思い、そしてその父の想い。また美桜も実の父(尾藤イサオ)との葛藤があるのでしょう。そして第3者的な直哉がどう変わっていくかも楽しみです。
最大のキーパーソンはやはり娘の雫でしょうか。本当の意味とは使い方が違いますが「子はかすがい」、義父である安西の気持ちを解きほぐすような感じがします。
それぞれの人間模様と同時に今回でてきた”家族”のつながりをどんな感じで表現されていくか楽しみです。

テーマ:薔薇のない花屋
ジャンル:テレビ・ラジオ
ライフ 第3話
2007年07月15日 (日) | 編集 |

今日は合宿と、愛美(福田沙紀)たちの歩(北乃きい)へのイジメの始まり。

前回もそうだったように”友達でしょ”という悪魔の言葉。嫌ですね、この言葉が対等ではなく主従関係をあらわしてます。
結局、”ジコチュー”でしかない。
愛美たちの信ずべきものを信じず、信じなくていいものを信じている姿は哀れ。

前回の佐古克己(細田よしひこ)の行為は犯罪、今回の愛美たちの行為も犯罪。
学校って”評判”を気にするから基本的には警察の介入を良しとしない所だからいくらでも出来ちゃいますね。危ないところ。

それにしても”救い”が見えない、うわべの教育ではなんともならないと思わせる壮絶なドラマだとつくづく思う次第です。

テーマ:ライフ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ホタルノヒカリ 第一話
2007年07月12日 (木) | 編集 |

今日から始まった。
原作は講談社発行の漫画雑誌『Kiss』に連載中の『ホタルノヒカリ』
「干物女」・雨宮蛍(あめみやほたる・綾瀬はるか)の恋愛を描く。

片付けられない女っていうのは数多く生息している話は聞くが、干物女は本当にいるのだろうか?
でも、会社とか、外の世界と家や部屋での世界で極端に変わる人は多くいますよね。
”女を捨てている”っていうのは分ります。本当、ドラマで存在感の薄いお父さんみたいです。
そして、くつろいでいるときの言葉はオヤジそのもの。いまどきしゃべれる人がいるのか?と疑いたくなっちゃいます。
できればあの語録は番組HPにでも特集で出して欲しいところ。

ところで手島マコト(加藤和樹・新人)、いきなりキス。蛍のリアクションが少ないのも綾瀬はるか流?
恋がここから始まるわけで、このあとは妄想を書き出していたのは仕事で考えをまとめるときの知恵でしょう。

三枝優華(国仲涼子)は先輩ですよね?彼女は”昨年の結婚しない男”のときと髪型を変えたせいでしょうか非常に大人っぽくなった感じでいいですね。
山田早智子(山田姐さん・板谷由夏)もギスギスした感じもなくいい感じ。
高野誠一(藤木直人)も部長でありながら、それを感じさせないところが不思議。かっこいいのかそうでもないのか分らない感じで演じるのは藤木直人らしい。

ドラマのHPでは蛍、優華、山田姐さんのファッションも紹介されているので女性はチェック要!

主題歌はaikoが歌う「横顔」。8/22発売。

”女”に目覚めた蛍。干物女からどう変わっていくのか楽しみです。
気楽にジャージを着てビールを片手にあたりめを食べて見ることができるドラマです。

テーマ:ホタルノヒカリ
ジャンル:テレビ・ラジオ
牛に願いを Love&Farm 第2話
2007年07月11日 (水) | 編集 |

さて今週は、高清水高志(玉山鉄二)が父・弘志(大杉蓮)に”二度と帰ってくるな”と言われ家を出て行こうとするところから。
ヒッチハイクをして止まった車が津村杏子(濱田マリ)の車。
今までの濱田マリの役と同様チクリと刺す言葉。関西弁よし、キャスティング良し。ここで大学の授業料が補助金から出ていることを聞き、退学するなら返金しなければならないことを知る。

その頃、真野(小出恵介)と彩華(相武紗希)は子牛に名前をつけようとする。また、子牛の面倒を自分達でみようと言い出す。が、高志はここはミルク工場、ペットではないので名前をつけても仕方が無いととりあわない。

真野は弘志に子牛の世話を学生でやらせて欲しいと言い、認めてもらったが、すぐに子牛を母牛から引き離す作業を命じられる。
それを見ながら高志は加藤(中村獅童)に、子供の頃世話を任せられた子牛に名前をつけたが死んでしまったこと、哀しんでいると父からささっと仕事をしろと言われたと辛い思い出を語る。

翌日、高志は日焼け止めを買いたい美帆子(香里奈)とコンビニへ。その帰りに高志に不意にキスをした。目撃した彩華は不機嫌に。
その後食事で集まったところに市議会議員の宮本奈津美(中嶋朋子)がやってきて高志を連れ出し、”この街が、あなたの故里が消滅するかもしれない”と聞かされる。また、実習の成果が出ないと町も困るのだと説得される。

その頃、和美(戸田恵梨香)が下痢をしている子牛の異変に気付き弘志に連絡するが、”自分たちでなんとかしろ”と突き放される。
ここはある意味彼らに貴重な経験をつませたかったのでしょう。また、子牛一頭とはいえ彼らが”責任を持つ”と言ったのだから。
普通ならこういう見守りかたはしないだろうとは思うのですが”人”を育てるとか、”責任”という言葉の重みがしみじみ感じられます。

さて、和美は真野を呼び出すが、真野もはっきりしない。高志に連絡をと言われ対抗心からか病状を診断するが信用されない。高志は呼び出され、同じ判断をする。
真野からしてみれば面白くない。引っ掻き回されたあげく信用もされていない。でも官僚になって酪農を変えたいっていう夢があればこれぐらい寛容にならなければならないと思うのですが、形式ばった官僚の世界からすればメンツをつぶされるのはダメなんでしょうね。

寺西(小日向文世)が出て行く前の夜の高志に「本当の君を少し見せてきたのに残念」っていうような感じのことを言ってましたが、本当に変わってきている。
翌朝、高志は出て行った。さらに和美もいなくなったが、和美は心配だったので子牛のそばで寝ていた。
呼び戻された高志は和美に理由を聞く。
和美は、幼いときに両親が離婚し、最後に一緒に行ったのが牧場だった。牧場でみんなと一緒に暮らすのが夢だと語る。
それを聞いた高志は3ヶ月は頑張ると誓う。
この時、真野が面白くない顔をしているのはわかるけれど、何事にも無関心だった美帆子が微笑んでいたのは何故?少し不可解な感じ。
そして子牛の名前はグリーン(GREEN)に決定。
というのが今週の話。

それぞれ、研修にきた目的や理由、悩みも違うけれど、子牛の存在がみんなの心をひとつにしていってますね。
今後はさらに一人ひとりが心を開きより深く分かり合っていく展開が楽しみです。

槇原敬之が歌う主題歌「GREEN DAYS」は「青春」という言葉をキーワードにした、ポジティヴで聴く人に勇気を与えてくれるポップソング。C/Wには「どんなときも。」のNEWヴァージョンで8/15発売です。

花ざかりの君たちへ 第2話
2007年07月10日 (火) | 編集 |

先週の保健室でのシーンから。
梅田北斗(上川隆也)に”なぜここに女がいるんだ”と訊ねられ・・・ピンチ!
しかし、犬の裕次郎がやってきて無事に逃げ出すことができた。
この裕次郎、なかなか賢い。今日の第2話の主役になろうとは思っていなかった。
まぁ、このあと桜咲学園と姉妹校である女子高・聖ブロッサム学園が共催し両校の“キング”と“クイーン”を選ぶコンテスト前に陸上部の顧問でもある梅田先生に”女”であることがバレるのだけど、佐野泉(小栗旬)を”ハイジャンプに復帰させる”という思惑が一致し黙認してもらえる。

少し話を戻すと芦屋瑞稀(堀北真希)のファーストキスは奈良漬を食べて酔った佐野に倉庫で奪われる。しかし、酔うと誰にでもキスするクセがあり、男子寮みんなが被害者にというオチ。

そしてもうひとつ。佐野は梅田先生に退部届けを提出。その後ハイジャンプ2位の選手からも復帰するよう説得されるが効果なし。
しかし、夜寝る前に瑞稀から声をかけられ気持ちが動いたようで退部届けを破り捨てたようである。

さて、“キング”と“クイーン”はというと、なぜか6年連続クイーン、花屋敷ひばり(岩佐真悠子)が7連覇を目指す。22歳で高校生か・・・バカですね。
キングは中間発表で佐野泉がTOP。しかし、佐野は興味がなく、裕次郎を散歩させていたが、裕次郎がそのコンテスト会場に向かい出場してしまう。
その後の出場者は、瑞稀。インパクトのある衣装に着替えろと言われ、着替え始めると服を全て取り上げられる。
このままでは”女”であることがバレル!

このピンチを救ったのが梅田先生。お姫様のようなドレスを着て手品を披露。女装した姿に一同驚嘆!
見ている側からすれば当たり前ですね。ですが堀北真希のこういった華やかな衣装ってあまり見たことがない気がするので貴重です。

さてコンテストはキングは見事に”裕次郎”に!クイーンは女装?した瑞稀に!というなんとも笑える結果に。

さて、瑞稀が夜にメールをチェックすると兄が連れ戻しに来るという。
さて来週はいかに!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。