気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラニン DVD 宮崎あおい主演
2010年07月04日 (日) | 編集 |
浅野いにお原作、宮崎あおい主演の青春恋愛映画「ソラニン」。

出会った頃のあたしたちは、心細くて不安もあったけど、いつもどこかでわくわくしてた。

とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ―――

自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。

未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。

だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。

種田はバンド“ロッチ”の仲間たちと新曲「ソラニン」を完成させレコード会社に持ち込むが、反応のないまま日々は過ぎていく。

そんなある日、種田がバイクで事故にあってしまう。遺された芽衣子は―――。

アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の曲がなかなか良かった。

丁度アルバム「マジックディスク」もリリースされたばかりなので聴いてほしいと思います。

また、テレビのCMでブルーハーツを歌う宮崎あおいとは違い、完璧にバンドのヴォーカルとして歌っているのは貴重です。

物語は女子高生が泣けるというケータイ小説のように彼氏が死んでしまって遺された私は・・・っていう感じなのですが、

そこは設定がもう少し大人の世界なのでしっかりしたストーリーなのが安心。

様々なシーンでの雰囲気や色といったものも優しさだったり、素敵なものを感じる気がした。

大人としてグッとくる、泣ける。

映画の中の宮崎あおいの存在感も格別です。


スポンサーサイト
テーマ:映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。