気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロポーズ大作戦 最終回
2007年06月26日 (火) | 編集 |

まぁ、製作発表があったときは、大昔の恋愛番組「プロポーズ大作戦」を思い出したお父さん、お母さんもいたことでしょう。
そんなことを山下智久や長澤まさみがするわけもなくドラマは進んでいったのでありました。

前回は幹雄(平岡祐太)の助けもあり写真が追加され、再び過去へ。とはいってもかなり結婚式に近い日。
健が礼を連れ出して最後の賭けに出たかのように。

今回はその続きで逃げてしまうのかと思っていましたが、そうではありませんでした。

バイト先で指輪を見つけたエリ(榮倉奈々)は礼に手渡したところから心が揺れ始める。
この運命が大切なめぐり合わせだったんですね。

さて、現在に戻った健。しかし、戻ったのはスピーチ前。
そこで健は礼への思いを告げる。

このドラマはこのためにあったと言って過言ではないでしょう。
最後のシーンはこの思いに応えたのですから。

はしょりすぎた流れを書いちゃいましたが、要するに、後悔するくらいなら今、ぶつかっていけ!っていう青春ものの格言のようなものです。
ただ、今までとちょっと違うのは、過去に戻れたとしても過去を変えようとしていても同じ人間がそこに存在し、行動するのだから大して変えられないんだ。ましてや現実には戻ることはできないのだからっていうことを伝えていること。
恋愛という形でこのドラマ「プロポーズ大作戦」は伝えていますが、様々な人生において、今からでも遅くは無いんだっていう感じがいいですね。

さて、最後、礼がケンゾーと叫んでいた声だけで終わりました。
最近の終わり方は続編、あるいはSPに引き継げるぞ!っていう形になっているのがミソですね。
果たして二人は本当にハッピーエンドになったのかどうか・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。