気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
干物女 ホタルノヒカリ2
2010年07月11日 (日) | 編集 |
綾瀬はるかが干物女になって好評を博したホタルノヒカリが帰ってきましたね!

仕事はバリバリできるのに、普段はジャージ姿で縁側で缶ビールを片手にのんびり。

それまでシリアスな役やお嬢様役が多かった彼女にとっては今の人気につながる転機となったドラマでもあります。

転勤となった香港から帰ってくるところからはじまります。

相変わらずの雨宮蛍(綾瀬はるか)。

何か変わったかのような高野部長(藤木直人)。

会社には国仲涼子の後釜ではないでしょうけどやる気があまり見られない桜木美香(臼田あさ美)や、瀬乃和馬(向井理)が。

”先輩”となった蛍は”後輩”からみとめられるのか。

そして、蛍と高野部長の結婚までの道のりが今回のテーマ。

蛍にからむのが瀬乃。

いきなりお泊り。

部長には女の影。

蛍は知らないが前妻(木村多江)。

勘違いや誤解などが多々ありながら、干物女が様々な壁にぶつかり、悩み、そしてひとつひとつそれなりに考えて結婚へ突き進む。

奮闘?ぶりが楽しみ。

また、ジャージ姿は以前より少なくなりそうだが、毎回何かしらのコスプレが見られそうなのも楽しみ。

第一話はサンバかなにかだったし、第二話での予告ではハチの格好をしていた。

綾瀬はるからしい役なので今後も期待したい。

出演は綾瀬はるか、藤木直人、板谷由夏など前作から引き続いてのキャストと、向井理、臼田あさ美、木村多江など。


スポンサーサイト
ソラニン DVD 宮崎あおい主演
2010年07月04日 (日) | 編集 |
浅野いにお原作、宮崎あおい主演の青春恋愛映画「ソラニン」。

出会った頃のあたしたちは、心細くて不安もあったけど、いつもどこかでわくわくしてた。

とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ―――

自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。

未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。

だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。

種田はバンド“ロッチ”の仲間たちと新曲「ソラニン」を完成させレコード会社に持ち込むが、反応のないまま日々は過ぎていく。

そんなある日、種田がバイクで事故にあってしまう。遺された芽衣子は―――。

アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の曲がなかなか良かった。

丁度アルバム「マジックディスク」もリリースされたばかりなので聴いてほしいと思います。

また、テレビのCMでブルーハーツを歌う宮崎あおいとは違い、完璧にバンドのヴォーカルとして歌っているのは貴重です。

物語は女子高生が泣けるというケータイ小説のように彼氏が死んでしまって遺された私は・・・っていう感じなのですが、

そこは設定がもう少し大人の世界なのでしっかりしたストーリーなのが安心。

様々なシーンでの雰囲気や色といったものも優しさだったり、素敵なものを感じる気がした。

大人としてグッとくる、泣ける。

映画の中の宮崎あおいの存在感も格別です。


テーマ:映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。