気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花嫁とパパ 最終回
2007年06月26日 (火) | 編集 |

紆余曲折はあったものの、愛子(石原さとみ)と誠二(田口淳之介)はめでたく結婚!
と、普通には終わりました。

父と子をテーマに今どきこんな父親はいないだろうっていう賢太郎(時任三郎)の複雑な心境とか行動がやけに面白かった。
厳しさ、あたふたと気弱になるところ、”コトー”で演じている父親とはまた違うけれど、子供のことしか見ていない、考えていないっていう姿が時任三郎らしく良かった。

愛子と賢太郎だけでなく、誠二と誠造(大和田伸也)の関係、鳴海俊一(小泉孝太郎)と父の関係、それぞれにいつでも子供を見守ってる父の姿が映し出されていた。
親は子供に「自分を超えてみろ」と思い、子供はいつかは「父を超えてみせる」。こんな関係って理想ですね。少なくともどこかでそんな関係がいいと思う。

さて、途中に愛子の亡き母からの手紙を読むシーンがあった。
内容については、「この手紙を読んでいるということは私は死んだのね。」というところから始まり、愛子をどうしても産みたかった気持ち、そして「結婚おめでとう」ということ、最後にお父さんに愛しているとうことを伝えてという内容でした。
泣く場面ですね。
ここで良かったなぁって思えたのは愛子、つまり石原さとみが手紙を棒読みとういうか本当に初めて読んでいるかのようなところ。
下手に別撮りしていないので気持ち、感情がストレートに伝わってきたことでしょうか。

劇的な感動とかではないですが、普遍的なテーマ、”親と子の愛情”はしっかり描けていたと思います。

スポンサーサイト
テーマ:花嫁とパパ
ジャンル:テレビ・ラジオ
プロポーズ大作戦 最終回
2007年06月26日 (火) | 編集 |

まぁ、製作発表があったときは、大昔の恋愛番組「プロポーズ大作戦」を思い出したお父さん、お母さんもいたことでしょう。
そんなことを山下智久や長澤まさみがするわけもなくドラマは進んでいったのでありました。

前回は幹雄(平岡祐太)の助けもあり写真が追加され、再び過去へ。とはいってもかなり結婚式に近い日。
健が礼を連れ出して最後の賭けに出たかのように。

今回はその続きで逃げてしまうのかと思っていましたが、そうではありませんでした。

バイト先で指輪を見つけたエリ(榮倉奈々)は礼に手渡したところから心が揺れ始める。
この運命が大切なめぐり合わせだったんですね。

さて、現在に戻った健。しかし、戻ったのはスピーチ前。
そこで健は礼への思いを告げる。

このドラマはこのためにあったと言って過言ではないでしょう。
最後のシーンはこの思いに応えたのですから。

はしょりすぎた流れを書いちゃいましたが、要するに、後悔するくらいなら今、ぶつかっていけ!っていう青春ものの格言のようなものです。
ただ、今までとちょっと違うのは、過去に戻れたとしても過去を変えようとしていても同じ人間がそこに存在し、行動するのだから大して変えられないんだ。ましてや現実には戻ることはできないのだからっていうことを伝えていること。
恋愛という形でこのドラマ「プロポーズ大作戦」は伝えていますが、様々な人生において、今からでも遅くは無いんだっていう感じがいいですね。

さて、最後、礼がケンゾーと叫んでいた声だけで終わりました。
最近の終わり方は続編、あるいはSPに引き継げるぞ!っていう形になっているのがミソですね。
果たして二人は本当にハッピーエンドになったのかどうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。