気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしたちの教科書 最終回
2007年06月29日 (金) | 編集 |

このドラマの問題である明日香へのイジメがどう始まったのか、そして明日香(志田未来)が死んだ原因が仁科朋美(谷村美月)から語られた。
時を同じく学校でおきていた事件・・・

真実を語った朋美は心を閉ざし、学校を転校。
最後に秘密の隠れ家に行き明日香のメッセージ、明日香から明日香へを見つけた。
友達や家族ではなく、哀しむ人がいる、その意味がこのメッセージで解る。

明日のわたし


”学校の現場で何が起きているのか”
「わたしたちの教科書」の初回が始まる前の番宣での言葉。
初回だけを見ていると、”アルバイトをする”、”業者へ賄賂を要求する”、”イジメを見て見ぬふりをする”・・・
新聞や週刊誌、ワイドショーで散々言われている内容を繰り返していた。
その後も学校&教育委員会の隠蔽体質等を記しているだけ。

このドラマの結論は現場教師よしっかり頑張れと叱責している。
また、雨木副校長&音也親子の言動。
メディアがわいわい騒ぐためイジメがなくならないと言っていた、ある意味真実を否定する方向に持っていったこと。
体罰容認論が出てきた風潮に対して釘をさしていること。

本来なら、陸の母親に言った”事実とちゃんと向き合え”っていうのが一番あっているように思ったのだけれどインパクトが弱く伝わりずらい気がしました。

局もテーマも違うはずの「生徒諸君!」も結局、教師がちゃんとしなさいということと、マスコミへの批判をかわす感じのことを伝えていた。
”社会問題”である”イジメ”の原因のひとつは家庭、つまり親たちも大きな要因であるはずですが、視聴者である人に”事実とちゃんと向き合え”って言えないメディアにかなり失望です。
自己擁護に走り、結局は現場教師批判、こんな内容ではますます無責任な親が増殖してしまうのではないかと心配です。

そういったメッセージ性の不十分さを除けばドラマとしては結構良かったと思うのですが。
とくに明日香が施設に預けられるとき、”珠子さんありがとう”って手を振っていたシーン。その前からの学校で書いたウソのお母さんの内容、一緒にいられることが好きだみたいなことも言っていたこと、そんなこともあってか泣けちゃいました。

さて、番組初回と最終回での重要なキーワード。
あなたはどう考えるでしょうか?

「世界を変えることはできますか?」

スポンサーサイト
花嫁とパパ 最終回
2007年06月26日 (火) | 編集 |

紆余曲折はあったものの、愛子(石原さとみ)と誠二(田口淳之介)はめでたく結婚!
と、普通には終わりました。

父と子をテーマに今どきこんな父親はいないだろうっていう賢太郎(時任三郎)の複雑な心境とか行動がやけに面白かった。
厳しさ、あたふたと気弱になるところ、”コトー”で演じている父親とはまた違うけれど、子供のことしか見ていない、考えていないっていう姿が時任三郎らしく良かった。

愛子と賢太郎だけでなく、誠二と誠造(大和田伸也)の関係、鳴海俊一(小泉孝太郎)と父の関係、それぞれにいつでも子供を見守ってる父の姿が映し出されていた。
親は子供に「自分を超えてみろ」と思い、子供はいつかは「父を超えてみせる」。こんな関係って理想ですね。少なくともどこかでそんな関係がいいと思う。

さて、途中に愛子の亡き母からの手紙を読むシーンがあった。
内容については、「この手紙を読んでいるということは私は死んだのね。」というところから始まり、愛子をどうしても産みたかった気持ち、そして「結婚おめでとう」ということ、最後にお父さんに愛しているとうことを伝えてという内容でした。
泣く場面ですね。
ここで良かったなぁって思えたのは愛子、つまり石原さとみが手紙を棒読みとういうか本当に初めて読んでいるかのようなところ。
下手に別撮りしていないので気持ち、感情がストレートに伝わってきたことでしょうか。

劇的な感動とかではないですが、普遍的なテーマ、”親と子の愛情”はしっかり描けていたと思います。

テーマ:花嫁とパパ
ジャンル:テレビ・ラジオ
プロポーズ大作戦 最終回
2007年06月26日 (火) | 編集 |

まぁ、製作発表があったときは、大昔の恋愛番組「プロポーズ大作戦」を思い出したお父さん、お母さんもいたことでしょう。
そんなことを山下智久や長澤まさみがするわけもなくドラマは進んでいったのでありました。

前回は幹雄(平岡祐太)の助けもあり写真が追加され、再び過去へ。とはいってもかなり結婚式に近い日。
健が礼を連れ出して最後の賭けに出たかのように。

今回はその続きで逃げてしまうのかと思っていましたが、そうではありませんでした。

バイト先で指輪を見つけたエリ(榮倉奈々)は礼に手渡したところから心が揺れ始める。
この運命が大切なめぐり合わせだったんですね。

さて、現在に戻った健。しかし、戻ったのはスピーチ前。
そこで健は礼への思いを告げる。

このドラマはこのためにあったと言って過言ではないでしょう。
最後のシーンはこの思いに応えたのですから。

はしょりすぎた流れを書いちゃいましたが、要するに、後悔するくらいなら今、ぶつかっていけ!っていう青春ものの格言のようなものです。
ただ、今までとちょっと違うのは、過去に戻れたとしても過去を変えようとしていても同じ人間がそこに存在し、行動するのだから大して変えられないんだ。ましてや現実には戻ることはできないのだからっていうことを伝えていること。
恋愛という形でこのドラマ「プロポーズ大作戦」は伝えていますが、様々な人生において、今からでも遅くは無いんだっていう感じがいいですね。

さて、最後、礼がケンゾーと叫んでいた声だけで終わりました。
最近の終わり方は続編、あるいはSPに引き継げるぞ!っていう形になっているのがミソですね。
果たして二人は本当にハッピーエンドになったのかどうか・・・

ライアーゲーム 最終回SP
2007年06月24日 (日) | 編集 |

終わってしまいました。
2/3が総集編、1/3が最終話。

当初からカットが細かく入って色も赤等、目がチカチカでした。
展開も早すぎ感もあり初めて見る人には少しつらい感じがしました。

騙し騙され、裏切り、買収・・・
思わず、こうきたかとか、なるほどそういう手も・・・と思っていたら、あれなんてことを!っていう具合に。
直に「誰にも損はさせない」と言われても、誰も裏切らないと信じられるのか?とも。

COOLで心理学を学んだ秋山。判断力、演技力、計算・・・こんな人なら何があっても負ける気がしない。最後には恨み・復讐心を乗り越えてしまいました。

それにしてもあの結末には少しあっけにとられました。
結論としてああいうふうにならなければいけないのは解るんだけど直球すぎて。
それより、人間の”欲”の醜さが解ってもらえればいいのかなって思う。

最後のシーンから考えると、視聴率とかによってはSP番組や上手くいけば劇場版っていうことも考えられますね。

少なからず”正直者は馬鹿をみる”という現実社会ですが、損はしない程度に正直者でいたいものです。

テーマ:ライアーゲーム
ジャンル:テレビ・ラジオ
拝啓、父上様 DVD-BOX
2007年06月23日 (土) | 編集 |
ドラマが進む中で、アカデミー賞の話題とかもあり二宮和也にも結構注目していました。

倉本総の脚本ということ、名作「前略、おふくろさま」を思い出させるタイトル通り期待通りの良さでした。

土地売却問題でゆれる神楽坂、老舗料亭「坂下」での人情ドラマにはまります。

ディパーテッド
2007年06月20日 (水) | 編集 |
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演での3度目の顔合わせは、香港映画の傑作『インファナル・アフェア』のリメイク。
アカデミー賞では4部門を獲得

マフィアに潜入した警察官と警察に潜入したマフィアという2人の男を軸に、マフィアと警察の双方で始まったスパイ探しを描く、超一級のクライム・サスペンス。ギャング映画の巨匠マーティン・スコセッシ監督が、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンといった超豪華キャストを迎え、緊迫のストーリーを展開させていく。

インファナル・アフェアを見たことがあるとどうしても比較してしまいます。アジア的か欧米的かという意味においても。

ですが、ディカプリオの重みが増した演技も良かったです。
ディパーテッド 特別版 (初回限定版)
ディパーテッド 特別版 (初回限定版) レオナルド・ディカプリオ マーティン・スコセッシ マット・デイモン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-06-08
売り上げランキング : 240

おすすめ平均 star
starオリジナルの方がいい
star素直に面白い!
star生きた気がしないとは正に事のことだ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ドリームガールズ
2007年06月17日 (日) | 編集 |
アカデミー賞最優秀助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)、最優秀録音賞受賞の話題作!

最高にゴージャスな夢(ドリーム)のエンターテインメント!
ブロードウェイの大ヒットミュージカルを、絢爛たる実力派キャストで映画化。
モータウン・サウンド興隆期を支えた"シュープリームス"の実話を基に、華やかなショービジネス界のサクセスストーリーと、その裏にある確執や裏切り、挫折といった様々な人間ドラマを描き出す。

【ストーリー】
1962年。音楽での成功を夢見るエフィー、ローレル、ディーナの3人は「ドリーメッツ」というグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。そんな彼女たちに大きな可能性を見出したのが、中古車販売会社を経営するカーティスだった。マネジメントを買って出た彼は、地元の人気シンガー、ジェームス・アーリーのバックコーラスに抜擢する。パワフルなステージは全米の注目を集め、「ザ・ドリームズ」に改名したディーナたちはスター街道を歩み始めるが……。

出演: ジェイミー・フォックス, ビヨンセ・ノウルズ, エディ・マーフィ, ダニー・グローバー, ジェニファー・ハドソン
監督: ビル・コンドン
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション ジェイミー・フォックス ビル・コンドン ビヨンセ・ノウルズ

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-06-22
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
star役者魂
starジェニファー・ハドソンの存在感と迫力に注目
star耳から離れなくて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テーマ:DVD
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。