気になるテレビドラマ等の感想、雑感と話題・人気・大作のブルーレイ・DVDの購入・注文・予約サポート
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
URAKARA Vol.1 DVD
2011年02月11日 (金) | 編集 |
脱退・分裂騒動も、とりあえずしばらくは今のメンバーで活動を続けることになったKARA。

この騒動で迷惑をこうむったのがテレ東系のKARAの記念すべき初主演ドラマ「URAKARA」。

第4話の撮影ができず、最悪打ち切りか!?っていうことも心配されましたが、

なんとか再開してよかったですね。

こちらはそのドラマ「URAKARA」のDVD。

トップアイドルとして活躍するKARA(ギュリ、スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨン)にはターゲットの男性のハートを撃ち抜く「惚れさせ屋」という裏の顔があったのだ!

メンバーたちは、カッコ良く、スタイリッシュに与えられたミッションを遂行しようとするが、素顔は恋に不慣れなごく普通の女の子。

そんなクール&キュートなKARAの5人はミッション中にさまざまな信じられないトラブルを巻き起こしてしまうのであった…!?

1話~3話とメイキング映像を収録予定

発売日は2011年4月6日です。

携帯はコチラから==> URAKARA Vol.1 [DVD]




新曲、ジェットコースターラブの発売が3月23日に決定!

携帯はコチラから==> ジェットコースターラブ

スポンサーサイト
テーマ:K-POP
ジャンル:アイドル・芸能
モテキ DVD-BOX 予約
2010年09月04日 (土) | 編集 |
本放送より、DVD-BOX販売に重きを置いているといわれたドラマ「モテキ」。

まぁ、内容としてすべてディレクターズカット版ということで本放送とはちょっと違う部分がある。

出演は本格俳優として注目を集める森山未來。

さらに、野波麻帆や最近注目をあびている満島ひかり、松本莉緒、新井浩文、

なんとリリー・フランキーや菊地凛子という超豪華キャストが集結!

テレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」という視聴率的には厳しい時間帯ながら第20弾という記念企画ということもあり、

なかなか楽しめる内容となっています。

モテキ(モテ期)とは、人生のどこかに訪れるらしい、異性との縁が重なる時期―男心も女心もトキメキ、心に突き刺さる恋物語!!

なんとDVDは、未放送分を含む全話ディレクターズカット版で登場!


テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
干物女 ホタルノヒカリ2
2010年07月11日 (日) | 編集 |
綾瀬はるかが干物女になって好評を博したホタルノヒカリが帰ってきましたね!

仕事はバリバリできるのに、普段はジャージ姿で縁側で缶ビールを片手にのんびり。

それまでシリアスな役やお嬢様役が多かった彼女にとっては今の人気につながる転機となったドラマでもあります。

転勤となった香港から帰ってくるところからはじまります。

相変わらずの雨宮蛍(綾瀬はるか)。

何か変わったかのような高野部長(藤木直人)。

会社には国仲涼子の後釜ではないでしょうけどやる気があまり見られない桜木美香(臼田あさ美)や、瀬乃和馬(向井理)が。

”先輩”となった蛍は”後輩”からみとめられるのか。

そして、蛍と高野部長の結婚までの道のりが今回のテーマ。

蛍にからむのが瀬乃。

いきなりお泊り。

部長には女の影。

蛍は知らないが前妻(木村多江)。

勘違いや誤解などが多々ありながら、干物女が様々な壁にぶつかり、悩み、そしてひとつひとつそれなりに考えて結婚へ突き進む。

奮闘?ぶりが楽しみ。

また、ジャージ姿は以前より少なくなりそうだが、毎回何かしらのコスプレが見られそうなのも楽しみ。

第一話はサンバかなにかだったし、第二話での予告ではハチの格好をしていた。

綾瀬はるからしい役なので今後も期待したい。

出演は綾瀬はるか、藤木直人、板谷由夏など前作から引き続いてのキャストと、向井理、臼田あさ美、木村多江など。


特急田中3号
2007年07月01日 (日) | 編集 |

KAT-TUNの田中聖、連続ドラマ初主演!といことで話題でした。
初回は栗山千明のパンチラシーン(柄は機関車で色気ありませんでしたね)もありました。
しかしなんと言っても”鉄子”が社会的に認知されたことが一番の話題です。
女性が模型をいじっている姿はあまり想像できないですが、時刻表を見て旅しているとか、この電車はXXXがいいのよ!って悦に入る姿はなんか許容範囲かもしれません。

それにしても、田中一郎(田中聖)のように思い込みが激しく真っ直ぐな人間って、まぁ見かけないですが、そういう面が少しぐらいあってもいいよなぁって思えるところが良かったですね。
それによって周りの人間も少しずつ変わって成長していけたっていうのも。

そして最終回は、寝台特急カシオペア。
昔、ブルートレインブームがありましたが、寝台特急も減り、高級感がある列車が人気のようで、その最高峰。
九州は宮崎から飛行機で東京へ飛び合流する予定が悪天候で飛べず・・・。ここから鉄子、目黒照美(栗山千明)の本領発揮。
特急、新幹線等を乗り継ぎ仙台で合流!
謎解きの説明は、なんか西村京太郎の推理小説みたいでした。

CD発売前後には亀梨和也がゲスト出演もしていました。
主題歌はKAT-TUN:「喜びの歌

【キャスト】 田中聖 栗山千明 塚本高史 加藤ローサ 秋山竜次 平岩紙 橋本じゅん 遠藤憲一 吉行和子

テーマ:特急田中3号
ジャンル:テレビ・ラジオ
拝啓、父上様 DVD-BOX
2007年06月23日 (土) | 編集 |
ドラマが進む中で、アカデミー賞の話題とかもあり二宮和也にも結構注目していました。

倉本総の脚本ということ、名作「前略、おふくろさま」を思い出させるタイトル通り期待通りの良さでした。

土地売却問題でゆれる神楽坂、老舗料亭「坂下」での人情ドラマにはまります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。